スポット社労士くん

社労士のできることを追求!
顧問料不要お役立ちサービスを生み出します。
スポット社労士くん社会保険労務士法人

■利用料金について
36協定や変形労働時間制など重要な労使協定を締結する際に、 すべての企業の皆様が適正に労働者代表を選出していただけるよう、 当クラウドシステムはどなたにも無料で提供しています。
■リクエストについて
こんな機能を追加して欲しいというリクエストを受け付けております。 info@spot-s.jp迄、ご連絡ください。
■簡単・安心・確実
対象従業員がメールアドレスを持っていればすぐご利用可能です。
労働基準法で求められている適正な手続きで選出できます。

■労働者代表が必要な主な協定等
【労基署への届出必要】
・時間外労働・休日労働に関する労使協定(36協定)
・1年単位の変形労働時間制に関する労使協定
・専門業務型裁量労働制に関する労使協定
・フレックスタイム制(2か月・3か月)に関する労使協定
(就業規則)
・就業規則の作成・変更に際しての意見聴取
【労基署への届出不要】
・育児介護休業等の適用除外に関する労使協定
・フレックスタイム制(1か月)に関する労使協定
・年次有給休暇の計画的付与・時間単位付与に関する労使協定
・賃金控除の労使協定
選出方法及び結果をダウンロードしてデータ保存できるので、
会社も安心!担当者の手間も大幅削減!
FAQ

労働者代表の選出方法に関して

クラウドの利用料は本当に無料ですか?
はい、無料です。楽楽代表は、運営会社の「すべての企業に適正な労働者代表を選出していただきたい」という願いから、どなたでも無料でご利用いただけます。
スマートフォンやタブレットでも利用できますか?
はい、ご利用いただけます。
利用申込みから導入・実施までどのくらいの時間がかかりますか?
最短でお申込み当日からご利用可能です。
労働者代表の投票結果や選出結果は保管できますか?
できます。PDF形式でダウンロードが可能ですので、貴社内で保管してください。
従業員何名くらいの規模から利用できますか?
従業員数10名以下の企業から、10,000名を越える企業まで規模の大小を問わずご利用いただけます。
一度労働者代表を選出した後にもう一度労働者代表を選出する必要が生じた場合、同じアカウントでログインできますか?
1アカウントで複数回の労働者代表選出には対応しておりません。別アカウントの発行になりますので、必要になったタイミングで再度お申込み下さい。

労働者代表の選出方法に関して

労働者代表を選出するときの注意点を教えてください。パート・アルバイトや管理監督者の扱いはどうなりますか?
選出に当たっては、すべての労働者の過半数がその人の選出を支持していることが明確になる必要があります。つまり、正社員だけでなく、パートやアルバイトなどすべての労働者が手続きに参加できるようにする必要があります。 なお、管理監督者の場合は、労働者代表に立候補できないものの投票権は有するので、労働者の過半数には含めて下さい。
労働者代表は、会社側で良さそうな人を指名して決めても問題ないでしょうか?
会社側で決めるのはNGです。使用者が指名した場合や社員親睦会の幹事などを自動的に選任した場合には、無効となります。
当社は事業場が複数ありますが、労働者代表は「会社全体で一人」だけ選出すればOKでしょうか?
「事業場ごと」に労働者代表の選出が必要です。
なお、A事業場に勤務している従業員をB事業場の労働者代表として選出することはできません。
労働者代表が異動や退職したらどうなりますか?
協定等を締結する際の労働者代表ですので、協定成立後の効力には影響ありません。
労働者代表の任期はありますか?
法令上、明確な定めはありませんが、任期を事前に周知して、選出してください。
 36協定の有効期間(1年)にならい1年間の任期とすることをお勧めします。
 なお、「楽楽代表」なら、その都度、簡単に労働者代表を選出することができます。
当社には過半数労働組合がありますが、営業所単位でみると組合員が半数以下の事業場があります。その場合でも、労働組合との間で協定等締結すれば問題ありませんか?
36協定等は事業場単位(本社、支店、支社、営業所など)で締結しますので、組合員が半数以下の事業場では労働者代表を別に選出しなければなりません。
労働者代表は課長でも問題ないでしょうか?
一般的に、課長以上は管理監督者として扱われますので、他に労働者がいるのであれば別の方を労働者代表として選出して下さい。

派遣業の会社に関して

当社は派遣業を行っており、派遣スタッフを各企業に派遣しています(いわゆる「派遣元」です)。
労働者代表を選出する際は、派遣先に行っている派遣スタッフも投票に参加してもらわなければいけないのでしょうか。
はい、その必要があります。派遣スタッフも労働者に含まれます。

適正な手続きで労働者代表を
選出しなかった場合のリスク

労働者代表の選出方法に問題がある労使協定、就業規則変更の有効性が争われた事件
サンフリード事件(長崎地裁 平29.9.14判決)

ポイント


労働基準法施行規則に定める労働者代表者の選出方法を経ない者を代表者とした場合、変形労働時間制のための労使協定も、就業規則変更に同意する意見も、適法なものとはいえない。

リスク


変形労働時間制が無効とされた場合、労基法第32条違反となり、週40時間・1日 8時間を超える労働時間にかかる残業代を対象労働者に支払わなければならない。

危険な企業


次の変形労働時間制を導入している企業は、労働者代表に違反があれば、想定外の残業代を支払わされる危険があります。
・専門業務型裁量労働制
・1年単位の変形労働時間制
・1か月単位の変形労働時間制
・フレックスタイム制

システム利用の流れ

各事業場の情報入力

事業場の情報(事業場名、所属従業員のメールアドレス一覧)を入力します。

立候補者の募集

労働者代表の立候補者を募集します。
各従業員に一斉メールを配信し、立候補者はメールの案内に従いWeb上で立候補を行います。立候補作業は1分で終了します。
※以下全てのステップにおいて一斉メール用のテンプレートを搭載しております。

全従業員による投票

立候補者に対しての投票を行います。
各従業員に一斉メールを配信し、従業員はメールの案内に従いWeb上で投票を行います。投票作業は1分で終了します。

投票結果の公表・労働者代表の決定

投票結果を一斉メールで公表します。
投票結果はPDF形式でのダウンロードが可能ですので、ダウンロードして社内で保管をお願いします。

代表者選出はこちらから

貴社名必須
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
備考

プライバシーポリシー

スポット社労士くん社会保険労務士法人(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)
「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)
当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)
当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)
当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)
当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)
ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)
当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)
本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

第10条(お問い合わせ窓口)
本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。

住所: 〒102-0084 東京都千代田区二番町8-3二番町大沼ビル2階
社名:スポット社労士くん社会保険労務士法人
Eメールアドレス:info@spot-s.jp

お手続き・入力方法について

04-7197-1100

人事・労務のご相談について

03-6272-6183

[受付時間]平日10:00-19:00