マイ
ページ
■利用料金について
従業員代表者の選出1回あたりの料金(税抜)です。
事業場が本社のみ10名様のケース・・1,000円
事業場が本社20名様、A営業所7名様、B営業所3名様のケース・・・3,000円
■簡単・安心・確実
対象従業員がメールアドレスを持っていればすぐご利用可能です。
労働基準法で求められている適正な手続きで選出できます。

■従業員代表者が必要な主な協定等
【労基署への届出必要】
・時間外労働・休日労働に関する労使協定(36協定)
・1年単位の変形労働時間制に関する労使協定
・専門業務型裁量労働制に関する労使協定
(就業規則)
・就業規則の作成・変更に際しての意見聴取
【労基署への届出不要】
・育児介護休業等の適用除外に関する労使協定
・フレックスタイム制に関する労使協定
・年次有給休暇の計画的付与に関する労使協定
・賃金控除の労使協定
選出方法及び結果をダウンロードしてデータ保存できるので、
社長も安心!担当者の手間も大幅削減!
FAQ

従業員代表者の選出方法に関して

従業員代表者を選出するときの注意点を教えてください。パート・アルバイトや管理監督者の扱いはどうなりますか?
選出に当たっては、すべての労働者の過半数がその人の選出を支持していることが明確になる必要があります。つまり、正社員だけでなく、パートやアルバイトなどすべての労働者が手続きに参加できるようにする必要があります。
なお、管理監督者の場合は、従業員代表に立候補できないものの投票権は有するので、労働者の過半数には含めて下さい。
従業員代表者は、会社側で良さそうな人を指名して決めても問題ないでしょうか?
会社側で決めるのはNGです。使用者が指名した場合や社員親睦会の幹事などを自動的に選任した場合には、無効となります。
従業員代表者は課長でも問題ないでしょうか?
一般的に、課長以上は管理監督者として扱われますので、他に労働者がいるのであれば別の方を従業員代表者として選出して下さい。
どのような企業が利用していますか?
「正しい手続きで」「楽に」従業員代表者を選出したい企業様にご利用いただいてます。特に複数の事業場がある企業様が多いです。

選出システムに関して

利用申込みから導入・実施までどのくらいの時間がかかりますか?
最短でお申込み当日からご利用可能です。 お申込みいただいた後、御請求書を発行しますので、入金確認でき次第アカウントを発行します。また、「従業員代表者への人事労務研修」も合わせてお申込みされる場合は、研修日程や内容について別途ご案内します。
システムの設定は自社で行うのですか?
設定は、とても簡単です。ログイン後に入力画面に従って進めて下さい。
一度従業員代表者を選出した後にもう一度従業員代表者を選出する必要が生じた場合、同じアカウントでログインできますか?
1アカウントで複数回の従業員代表者選出には対応しておりません。別アカウントの発行になりますので、必要になったタイミングで再度お申込み下さい。
従業員代表者の投票結果や選出結果は保管できますか?
できます。PDF形式でダウンロードが可能ですので、貴社内で保管してください。

システム利用の流れ

各事業場の情報入力

事業場の情報(事業場名、所属従業員のメールアドレス一覧)を入力します。

立候補者の募集

従業員代表者の立候補者を募集します。
各従業員に一斉メールを配信し、立候補者はメールの案内に従いWeb上で立候補を行います。立候補作業は1分で終了します。
※以下全てのステップにおいて一斉メール用のテンプレートを搭載しております。

全従業員による投票

立候補者に対しての投票を行います。
各従業員に一斉メールを配信し、従業員はメールの案内に従いWeb上で投票を行います。投票作業は1分で終了します。

投票結果の公表・従業員代表者の決定

投票結果を一斉メールで公表します。
投票結果はPDF形式でのダウンロードが可能ですので、ダウンロードして社内で保管をお願いします。

お問い合わせ

以下のうち、ご要望のものにチェックをお願い致します。

[クラウド従業員代表者選出システム]

[その他:就業規則、労使協定など]


貴社名必須
御担当者様必須
電話番号必須
メールアドレス必須
備考