社会保険・労働保険の新規加入手続きならスポット社労士くんにお任せください

お申込み、お問い合わせはお気軽に

 03-6272-6183

 03-6272-6183

36協定届

36協定(時間外労働・休日労働に関する協定届)とは労使協定のひとつで、サブロク協定と読みます。労働基準法第36条にあることからこのような名称で呼ばれています。

労働基準法の基本的なルールとして以下のふたつがあります。
・休憩時間を除き一週間について週40時間を超えて、労働させてはならない
・一週間の各日については、休憩時間を除き一日について8時間を超えて、労働させ てはならない

しかし実際には、このルールの通りにはいかないのが現状です。そこでルールを超えて働かせる事の出来る例外的な措置が作られています。そのうちの一つが36協定なのです。
36協定(サブロク協定)を届出ることにより法定労働時間及び変形労働時間制による労働時間を延長することが可能になり、法定休日に労働をさせることも可能になります。

36協定(サブロク協定)(時間外労働・休日労働に関する協定届)が無制限に認められると労働者にとっては辛いことになりかねないので、次のような事を36協定(サブロク協定)では決めなくてはなりません。

  • ・業務の種類
  • ・労働者の数
  • ・1日及び1日を超える一定期間について延長することのできる時間または労働させることができる休日
  • ・協定の有効期間

36協定(サブロク協定)(時間外労働・休日労働に関する協定届)にはどのような効力があるのかと言うと、会社は、36協定(サブロク協定)を定めることによって、労働基準法(第32条・第40条)に書かれている『労働時間の制限』や『休日の定め』にかかわらず、36協定(サブロク協定)の範囲内ならば、法律の制限を越えて労働をさせても労働基準法には違反しないという効力を持っています。

これは、免罰効果と呼ばれます。違反しないという効力だけですので、労働者に時 間外労働などをさせるには、別途労働契約や就業規則の定めなどが必要です。

また、効力の及ぶ範囲についてですが、協定の中に対象となる労働者に制限がある 場合には、その協定の効力の及ばない労働者には時間外労働や休日労働を命じるこ とは出来ません。また、労働者もその命令を拒否出来ます。

労働問題、労基署対応もスポット価格で!

  • 労働問題労基署対応もスポット価格で!
  • 産休・育休の期間と金額シミュレーションとラクラク申請代行
  • スポット社労士くんと一緒に仕事をしませんか?
  • 給与設計士協会 給与きめ太郎
  • 「ほけん通帳」会計事務所様向け 保険契約移管サービス