労働基準監督署の調査・年金事務所の調査の対応は、スポット社労士くん

ホームページからのご相談はこちら お電話でもご相談できます。 ※初回は無料です。 平日10:00~19:00 受付 (注)災害調査には対応しておりません。専門の弁護士をご紹介します。
その日は突然やって来る・・・労働基準監督署の調査が来た。どうする!?間違った対応をしてしまうと、長期間(最大2年間)に遡って割増賃金を支払うよう命ぜられたり、調査を拒否した場合は、30万円以下の罰金を科されたり、労働基準法違反で強制捜査を受ける可能性さえあります。 まずは無料相談 労基調査対応は私たちにお任せください。 年金調査にも即対応

平成26年度 賃金不払残業の是正結果の概要

(監督指導の結果)

平成26年4月から平成27年3月までの1年間に、
残業に対する割増賃金が不払になっているとして、
労働基準法違反で是正指導した事業のうち、
1企業当たり100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況は、以下のとおりです。

是正した企業数 1,329企業(前年度比88企業の減)
支払われた割増賃金の合計額 142億4,576万円(前年度比19億378万円の増)
対象労働者数 20万3,507人(前年度比88,627人の増)
1企業での最高支払額 14億1,328万円(製造業)
年金調査にも即対応!!

強制立入調査は、原則、
事前連絡なしの抜き打ちですが、
こんな通知が届いた場合は、
すぐにスポット社労士くんにご連絡ください。

調査の立会い、是正報告書・各種届出書類の作成、残業代の適正化コンサル、就業規則・賃金規程の見直しなどフルサポートし、リスクを最小限に抑えます。

調査立会 是正報告書・必要届出書類の作成 就業規則・賃金規程の見直し 残業代の適正化コンサル

調査対応のプロがスピーディーに対応することで結果が大きく変わります。まずはお気軽に無料相談にお電話ください。

ホームページからのご相談はこちら お電話でもご相談できます。 ※初回は無料です。 平日10:00~19:00 受付 (注)災害調査には対応しておりません。専門の弁護士をご紹介します。

経営者の皆さまの困ったを解決!スポット社労士くんサポートチームの5つの特徴

1.100%立会

労働基準監督官との調査の際は、100%立会います。
経営者には理解しがたい説明も多いので、
経営者と労働基準監督官の橋渡しとなり、必要最低限の指導事項へと導きます。

2.明瞭な料金体系

スポット社労士くんサポートチームの料金体系は、わかり易いシンプル設定です。

基本料金とオプション料金

3.安心のアフターサービス

定期監督、申告監督、または災害時監督の際に労働基準監督官が是正勧告した法違反が、
その後、実際に改善されたかどうかを確認することがあります。
こうした再監にも安心してご対応いただけるよう、事後のフォローもしっかりアドバイスします。

4.チーム対応

社会保険労務士を中心に、労基署調査に精通したメンバーを複数取り揃えています。
必要に応じて労働法に精通した顧問弁護士もチームに加え、万全な体勢で調査に対応いたします。

5.ご相談実績

飲食、サービス、IT、運輸、建設等、様々な業種の中小企業の調査に立会い、
50社を超えるサポート実績が信頼の証です。


中小経営者がプロを選ぶ理由

突然の調査通知

自分で対応

突然の調査通知

スポット社労士くんがサポート

事実、調査時の対応で結果は大きく変わります。
ペナルティのリスクを最小限に回避するためには
専門家による対応が不可欠です。


ご利用の流れ

労働基準監督署から調査の通知・連絡がきた!どうしよう・・・

1.電話相談(初回無料)

まずはお気軽にお電話ください。お急ぎの場合は土日休日も対応しております。
ご相談内容をお伺いし、お手伝いできる内容やご利用の流れ、料金などをわかりやすくお伝えいたします。
※社会保険労務士には守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

2.事前準備

対面でのお打ち合わせ時に各種資料をご提示いただき、現状を把握します。
スポット社労士くんサポートチームが、調査において無用な指摘を受けないよう対応策を検討しご提案します。

3.調査立会

調査当日は、チームを代表する担当社会保険労務士が1名または2名で労働基準監督官への対応をいたします。
労基法・最賃法・安衛法といった労働法規に照らし合わせながら指摘を検討し、理論的に会社の見解を主張します。

4.事後対応

調査の結果をわかりやすく丁寧にご説明します。
是正報告書など、労働基準監督署への事後報告が必要になる場合には、担当社会保険労務士が作成し、
提出をいたしますのでご安心ください。
終了時料金をご入金ください。

ホームページからのご相談はこちら お電話でもご相談できます。 ※初回は無料です。 平日10:00~19:00 受付 (注)災害調査には対応しておりません。専門の弁護士をご紹介します。

調査前の心構え

調査の実施・是正の手順

スポット社労士くん労基署調査チームの対応範囲

調査の際に用意する主な帳簿・書類

チェックリスト

専門家紹介

関根光

  • 1983年

    埼玉県立川越高等学校卒業

  • 1988年

    早稲田大学政治経済学部政治学科卒業

  • 1988年

    日興證券(現SMBC日興證券)入社

  • 1995年

    アリコジャパン(現メットライフアリコ)入社

  • 2001年

    社会保険労務士試験合格

  • 2002年

    ユニバーサル社会保険労務士事務所開業

  • 2013年

    顧問料0円の社労士サービス「スポット社労士くん」提供開始

亀田一弘

  • 1986年

    大阪市立桜ノ宮高等学校卒業

  • 1990年

    早稲田大学教育学部教育学科卒業

  • 1990年

    大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)入社

  • 1994年

    アリコジャパン(現メットライフアリコ)入社

  • 1998年

    社会保険労務士試験合格

  • 2000年

    亀田一弘社会保険労務士事務所開業

  • 2002年

    ユニバーサル社会保険労務士事務所開業

  • 2013年

    顧問料0円の社労士サービス「スポット社労士くん」提供開始


事務所概要

事務所名 スポット社労士くん社会保険労務士法人
代表者 関根光
社会保険労務士 関根光、亀田一弘(副代表者)、水間由美子、浅井冨美代
スタッフ 田辺美香、伊勢美里
顧問弁護士 山本 雄祐、向井 蘭
行政書士 大石聖子
住所 〒102-0084 東京都千代田区二番町8-3 二番町大沼ビル2階
電話番号 03-6272-6183
FAX 03-6701-7312
ホームページ http://www.spot-s.jp

Q&A

労基署の調査にはどんな種類がある?
「定期監督」「申告監督」「災害時監督」「再監督」の4つの種類があります。
  • 定期監督
    監督計画にもとづき、担当地域内の工場、事務所、商店、建設現場等のなかから労基署が任意の事業所を選んで定期的に強制立入調査、改善指導を行う。
  • 申告監督
    労働者等から「会社が労基法、安衛法等に違反している。調査し改善してほしい」などといった申告(依頼)に基づいて実施される。当該事業場関係者を労基署に呼び出して監督指導を行う場合と、労基監督官が事業場に臨検監督を行う場合がある。
  • 災害調査・災害時監督
    労働災害により事業場で労働者が死傷した場合などに、その実態、原因、安衛法違反の有無を確認するとともに、再発防止のための緊急対策を行う。災害の規模により、災害調査と災害時監督に分かれる。
  • 再監督
    「定期監督」「申告監督」「災害時監督」の際に、労基監督官が是正勧告した法違反が、その後、実際に改善されたかどうかを確認する必要がある場合などに行われる。
申告は労働者本人が名前を出さず、匿名でも、家族・友人などからでもできるというが?
労基署では、匿名でも受理しますし、最近では残業代不払を気遣う妻や母親からの申告が増加しています。 労基法違反申告書
ホームページからのご相談はこちら お電話でもご相談できます。 ※初回は無料です。 平日10:00~19:00 受付 (注)災害調査には対応しておりません。専門の弁護士をご紹介します。