社会保険・労働保険の新規加入手続きならスポット社労士くんにお任せください

お申込み、お問い合わせはお気軽に

 03-6272-6183

 03-6272-6183

社内規程の位置付けと作成・改定手順

1.はじめに

従業員の働きぶりを嘆く経営者、会社への不平不満を愚痴る従業員、果ては労使トラブルへと発展してしまう会社には、必ずといっていいほど共通点がある。 ズバリ!就業規則等の社内規程が整備されていない点である。

会社の経営方針や社員の働き方、業務の手順など、組織の共通ルールが明確になっていないわけだから、問題を抱えてしまうのは当然といえよう。また、上記の事象は、従業員の数が一定規模以上の組織だけでなく、一定年数以上経過している会社であれば、たとえ少人数であっても起きている。

考えてみれば、経営者の眼が隅々まで行き届かなくなってしまったり、経営者の熱意が昔と比べて薄れてくれば、ルールを持たない組織はたんなる烏合の衆でしかなく、組織の規律を維持し、発展を期待するのは難しい。

ただ、いまだ社内規程のない中小企業からは、「社内規程ってどんなもの?」「どうやって作るの?」といった声が聞こえてきそうだ。そこで本稿では、会社における社内規程の役割と概要、その作成手続きについて体系的に解説していく。

労働問題、労基署対応もスポット価格で!

  • 労働問題労基署対応もスポット価格で!
  • 産休・育休の期間と金額シミュレーションとラクラク申請代行
  • スポット社労士くんと一緒に仕事をしませんか?
  • 給与設計士協会 給与きめ太郎
  • 「ほけん通帳」会計事務所様向け 保険契約移管サービス